産業医あれこれ

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート

する馬場です。
ブログスタート1368日目です。
 
アメブロから
WordPressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

 

産業医ってご存じですか?

 

産業医は企業等で
労働者の健康管理等を行う医師のことです。

 

通常の医師免許に加えて
厚生労働省の定める要件を備えている人が
産業医となります。

 

具体的には、診察や治療を行うわけではなく

休職していた従業員に対して働いても良いのか、
働くなら制限を付けなくてもよいのか等を判断します。

また、従業員が健康で快適な作業環境で仕事が出来るように
会社に対して指導や助言も行います。

健康診断後の判定もその役割です。

 

 

労働安全衛生法で一定規模以上の事業場に
産業医の選任が義務付けられています。

常時50人以上の労働者を使用する状態になったら
14日以内に選任して
労働基準監督署への届出も必要です。

特定の有害業務+500人以上規模の会社だと
専属の産業医が必要ですが・・・

3000人までの会社なら
嘱託産業医1人の選任でOKです。

 

50人未満なら
そもそも選任の必要がないわけですが

先に上げた休職者の復職判断や
普段の就労環境へのアドバイス等は
50人未満の職場でも必要性はあります。

 

そのため、
スポットで産業医の職務を依頼出来たりする
サービスもあります。

 

法的な義務がない場合でも
健康管理は必要なのは変わりありませんから。

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
 

 
 

助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

健康経営の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG