4月からの雇用保険料率

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート

する馬場です。
ブログスタート1418日目です
 
アメブロから
WordPressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

労働保険料の申告が
毎年7月10日(年により前後します)

ごろに有ります。


労働保険料=労災保険料+雇用保険料


を申告して


前払いしていた納付済み保険料と精算して

翌年度用に保険料を納めます。

前払い分が少なければ、
その分と翌年分を納めます。


前払い分が多ければ、
その分を翌年分から差引出来ます。

前払いという仕組み自体は
大嫌いですが・・・

どうしようもありません・・・

 


年度で保険料が確定しますので

4月から翌年3月の支払賃金から
保険料が計算されます。


建設業等では請負金額から賃金額を

定まった労務費率で出します。
その後、各業種による労災保険料率を
乗じて計算します。


まだ正式な発表ではありませんが


4月から支払分の雇用保険料率

一般業種区分において

労働者負担、使用者負担が
0.1%ずつ上がります。


令和4年度は後期から
雇用保険料率がアップしました。


雇用保険料率についてについて紹介しています。…

 

 

給与総額が25万円の場合
労使合わせて500円のアップです。

月辺りは僅かですが・・・

雇用保険加入のパートさんは多いので

負担増加が地味に効いてきますね・・・

 

一方、健康保険料率
例年3月分から見直しがされます。

年金事務所から請求が来るのは
4月末なので・・・

社会保険料の給与からの控除が
翌月になっている会社は
4月支給給与で
上記雇用保険料率の変更以外に

健康保険料率の変更も必要になってきます。

4月支払給与からの
各種保険料率の修正に
気を付けてくださいね。

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
 

 
 

助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

労務管理の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG