ギスギスしたくない

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート
する馬場です。
ブログスタート1194日目です。
 
アメブロから
WordPressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

5分単位で切り捨てていた分の賃金を
2年分遡って全員に支払うそうですね。

負担額が16~17億円とか

 

読売新聞オンライン

【読売新聞】 ファミリーレストラン「ガスト」などを展開するすかいらーくホールディングス(HD)は8日、従来、5分単位で計…

 

たしかに労働基準法上は
241項で、全額支払いを要求しており

その全額は、1分単位で労働時間を計算するのが
前提になっています。

最終的に、一か月の賃金計算期間の集計で
30分以内の端数は切り捨て
それ以上は切り上げ
の処理が可能になっていますが・・・
(厚生労働省の通達)

 

それこそ非現実的な話・・・

1分単位で支払うことで
よりギスギスした労働時間管理に
なってしまいますね。

 

トイレの回数が人より多いとか
タバコを吸いに行く頻度とか
休憩時間の数分のずれ込みとか

 

いちいち目くじらたてていたら
個人毎に管理しないといけなくなります。

 

 

1分単位での労働時間管理が必要ともなれば
トイレに行く時間や休憩時間も
タイムカード打刻を求めることにも
繋がりかねません・・・

 

5分単位ならそこまで突かれるような
取扱いじゃないと思いますけどね・・・

仕事中に雑談だってするでしょうし

 

その事はおいておくとしても・・・

 

労働時間の集計単位を
5
分単位にしたとしても
5分単位で仕事にキリを付けてもらうことは
違法ではありません。

時間の単位に合わせて貰えれば
全額払いに反する事にはなりません。

 

何にしてもギスギスした職場には
したくありませんね・・・

 

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
 

 
 

助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

労務管理の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG