不当判決・・・か?

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート

する馬場です。

ブログスタート598日目です。
 
アメブロから
Wordpressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/33a5aac78acaa00e8ae3e79a37668b1ec610d08c

昨日、大阪医科薬科大学事件とメトロコマース事件
という2つの大きな最高裁判決が出されました。

非正規社員の賞与や退職金の支払請求訴訟です。

高裁までは一定の割合で支払うべき
との判断を覆したものです。

 

判決をちゃんと読んだ訳ではないので
詳細には書けませんが


これは個別の事案での判断で
同一労働に該当せず
不合理な差別に当らないという判断での
棄却ですので

 

それを一般化して
非正規社員にその身分関係だけをもって
賞与や退職金の支給が無い

という扱いに対しての
警笛を鳴らすもので有ることは
間違いありません。

 

「非正規に厳しい判決・・・」
という本記事のタイトルは
敗訴したという結果だけを見て書いている
と思いますね。

 

 

ただ、非正規で雇っておきながら
正社員とまったく同様とは言えないまでも
それなりの責任を負わせることがあれば・・・

有る程度の待遇差について
不合理だという判断がありうるという事です。

 

 

会社としては
非正規社員の二つの訴訟の原告請求が棄却された
と安堵するのはダメです。

 

職務の内容や責任が
正規社員と非正規社員で

明確に違うことが分かる制度
になっているかを
精査して

区分と処遇が不合理
になっているのなら

自主的に是正していかないと
いけません。

※その他配置転換の範囲やその他の事情等
の要素も考慮しなければなりません。

 

合理的な取扱いなのかの説明を
求められる場面も増えてくるはずです。

 

この手の訴訟は
上記のような判決が出たからと言って
下火になるとは思えません。

 

やるべきことを今の内に
やるべきです。

 

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。

 
 
~~
 
自分で出来る
雇用調整助成金申請パックは
こちらのページとブログから
 

メールサポート付で55,000円(税込)で自分で
申請出来るパッケージです。
※サポート不要なら33,000円(税込)

社労士への手続き報酬を抑えることが
出来ます。
雇用調整助成金のコロナ特例期間は12月末まで

 


 

令和2/1/24~5/31までの休業に関しての
雇用調整助成金の申請期限は8月31日です。
⇒9/30までに延長になりました。

————————————————-+
 社風を良くする社労士事務所
 助成金の情報が届かない
とお悩みの企業様へ
     ↓
 助成金情報提供サービス
 
  ・毎週1つの助成金に絞って、リアルタイムに助成金情報をお届け。
  ・情報のみでなくメール相談サービスも付いてきます。
  ・自社にとって何をすれば良いのか?受給による影響は?の
  疑問にお答えします。
  ・助成金は獲得することが目的ではなく、社内の労働環境整備という
  目的のために、そのコストを抑える手段です。
  ・毎年何らかの助成金を一つ受給出来れば、助成金情報提供サービス
  の費用はペイ出来ます。
  ・毎年一つ以上の助成金を受けられるような労働環境を整えていけば
  助成金受給のハードルは年々下がっていきます。
お問い合わせはLINEからでも可能です。
 
 
 
助成金の情報は今後の経済の流れです。
正確に知ることで必ず経営に活かせます。


助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

労務管理の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
開業15年目。豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG