アンケートも目的重視

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート
する馬場です。
ブログスタート1098日目です。
 
アメブロから
WordPressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

 

本日も
パワハラ心理学マスター講座6回目
の受講

 

今日学んだ内のひとつに
ハラスメントの実態把握の方法
についてがありました・・・

 

アンケートだけの話しではなく
ヒアリングや採用面接、社員面談にも
使えるスキルですが・・・

 

 

質問には意図が必要

 

意図があると・・・

 

質問することで
対策に繋がる行動を
取りやすくする事実が洗い出されます。

つまり課題抽出が容易になる
質問をしなければならない
ということ

 

ただ、顧客先でのヒアリングや相談で

雑談の中から話しやすい雰囲気が出来て
新しい話が出てくることもありますので

その辺りは使い分けで・・・

 

課題が抽出されて
対策の打ち手に繋がる質問内容だと

その打ち手の後に
継続的に支援できる事の提案
にも繋げていけます。

 

例えば・・・

ハラスメント現状把握アンケートの際に
「特定のプロジェクトの進行中に異論を挟むことを
許してくれる雰囲気があるか?」
などの質問を入れておくと・・・

心理的安全性を構成する
4因子の話しやすさ因子
阻害されている事実があるかを判断できます。

 

アンケートひとつ取っても

課題抽出が狙いなのか
統計データを取る事が狙いなのか・・・

目的が大切になってきます。

 

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
 

 
 

助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

研修の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG