適用拡大スケジュール

企業を、社風を良くするという
観点から切り込み、社員が誇り
に思える会社作りをサポート

する馬場です。
ブログスタート792日目です。
 
アメブロから
Wordpressに移行しました。
568日目までのブログはこちらから

 

来年2022年の10月から

短時間勤務の人でも
社会保険加入条件に
引っかかるようになります。

 

2022年10月から101人以上
の企業において

という条件のすべてを満たせば
社会保険に加入義務が発生します。

現在は501人以上の企業にも
同様の条件を満たせば
社会保険加入義務が拡大
されています(2016年以降)。

 

2024年10月からは51人以上
になります。

 

もう3年後には
通常の中小企業規模でも
対象になってきます。

 

 

 

社会保険のあんしんを働くみんなに!社会保険適用拡大特設サイトは令和2年の年金制度改正法に関して知ることができるサイトです…

 

企業にとって結構な負担になる事は
間違いなく・・・

 

 

対象となる企業は

加入対象者を把握して

加入シミュレーションを行い

増加費用の試算や
その後の対応の手順を整理

しておく必要があります。

 

 

当然のことながら

130万円未満の年収に抑え
配偶者の扶養に入っていた人も
上記条件を満たせば・・・

130万円を超えなくても
自分で社会保険保険に加入する必要が
出てきます。

社会保険負担者の裾野を増やすのと同時に
社会保険料の見直しもやらないと・・・

 

副業の原則許可の動きと相まって
週20時間未満の雇用が増えるように
思います。

いたちごっこですね。

 

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました。
 
 
~~
 
自分で出来る
雇用調整助成金申請パックは
こちらのページとブログから
 

メールサポート付で55,000円(税込)で自分で
申請出来るパッケージです。
※サポート不要なら33,000円(税込)

社労士への手続き報酬を抑えることが
出来ます。
雇用調整助成金のコロナ特例期間は2月末まで

 

 

 

————————————————-+
 社風を良くする社労士事務所
 助成金の情報が届かない
とお悩みの企業様へ
     ↓
 助成金情報提供サービス
 
  ・毎週1つの助成金に絞って、リアルタイムに助成金情報をお届け。
  ・情報のみでなくメール相談サービスも付いてきます。
  ・自社にとって何をすれば良いのか?受給による影響は?の
  疑問にお答えします。
  ・助成金は獲得することが目的ではなく、社内の労働環境整備という
  目的のために、そのコストを抑える手段です。
  ・毎年何らかの助成金を一つ受給出来れば、助成金情報提供サービス
  の費用はペイ出来ます。
  ・毎年一つ以上の助成金を受けられるような労働環境を整えていけば
  助成金受給のハードルは年々下がっていきます。
お問い合わせはLINEからでも可能です。
 
 

 
助成金の情報は今後の経済の流れです。
正確に知ることで必ず経営に活かせます。

助成金の情報が届かないとお悩みの企業様へ

助成金サービス 助成金サービス

いまなら、助成金に関する情報を無料オンライン講座として提供しております。
※登録は上記サイトより出来ます。
助成金情報配信サービスの1か月無料も付いてきます。

お問い合わせはLINEからでも可能です。

LINE

助成金の情報は今後の経済の流れです。正確に知ることで必ず経営に活かせます。この機会に、是非ご登録ください。

労務管理の最新記事8件

>会社の発展をサポートします

会社の発展をサポートします

社外人事総務部長としてあなたの会社の「社風」を良くし、業績をアップさせます。 離職率の減少、利益率の改善、社内アンケート等で結果を示すことが出来ます。
豊富な事例・実績のある社外の人間だからこそ、改善方法が分かります。ぜひお問い合わせください。

CTR IMG