社風を良くする 馬場社会保険労務士事務所

就業規則+ハンドブック

就業規則診断

syuugyou

就業規則の診断ツールです。

就業規則診断

就業規則労務リスク診断

上記リンクをクリックすると、別ウィンドウのシートが開きます。

質問事項を記入の上、送信してください。

就業規則の重要性

「常時10人以上の従業員を使用する使用者は、就業規則を作成して、労働基準監督署に届け出なければならない」と定められています(労働基準法89条)。

ここでいう「従業員」とは、正社員、パートタイマー、アルバイトや嘱託社員などの名前にかかわらず、その会社で働いている人全員のことです。また、「10名以上」とは年間平均して10人以上の労働者を雇用している場合ということです。
これは会社ごとではなく、事業場ごとで計算されますので、各事業場毎に就業規則の作成、届出が必要となります(本社一括での届出もありますが)。

作成義務があるにもかかわらず、作成・届出がなされていない場合は、30万円未満の罰金となります(労働基準法120条)。

「ウチは、従業員が10人未満だから、就業規則は不要だね。」
「ウチは、10年ほど前に雛形を利用して作成して届出しているから安心だね。」

ちょっと待って下さい。

就業規則は、会社と従業員の間を規律し、何を会社が社員に求め、評価するのかを明確にするものです。 つまり、会社の憲法です。
従業員にとって、何が会社から求められているかが明確であれば、社員の頑張りの方向性が定まります。
また、会社にとっても賞罰の基準が明確であることにより、その場しのぎの行き当たりばったりな指導がなくなり、社員の信頼を得る事ができます。
社員の信頼を得る事のできる就業規則を持つ会社は、自然と業績を伸ばしていけることでしょう。

また、不幸にも社員との間にトラブルが起きてしまった場合には、就業規則に規定があることによって、会社を守る事ができます。

就業規則は、業績アップのためにも(積極的効果)、会社を守るためにも(消極的効果)威力を発揮するのです。

そんな効果がある以上、10人未満で作成義務が法律上なくとも、作成しておくべき事は言うまでもありませんね。

また、よくある雛形を利用した就業規則であったり、何年も前に作成・変更した就業規則では、会社の実情に合っていないため、就業規則の良い効果を生み出すことはできません。
それどころか、かえって会社にとっては有害となります。

就業規則の作成・変更は労働問題にあかるい社会保険労務士に委託して下さい。
細かな条文の文言の違いで、会社を守る事ができなかったりすることを避けたり、返済不要の助成金受給とリンクして就業規則を考えることができます。

もちろん、事業主様がご自身で就業規則を作成・変更される事も素晴らしいことです。 会社の重要な憲法たる就業規則に事業主様の想いが反映されるべきですから。
ただ、事業主様が就業規則に関与できる時間的、知識的制約もあることは事実で、それは会社ごとに異なります。

当事務所は、就業規則の作成・改定について、事業主様の関与可能形態に合わせて、多様なメニューを用意しています。

また、顧問契約と同時締結であれば割引価格を適用します。

・就業規則のご依頼は、着手金として半額のお支払いをお願いしております。 その後完成、監督署届出後に残額をお支払いして頂きます。
標準的な就業規則作成期間が2~3ヶ月となります。

せっかく作るなら、会社のためになる、こだわりの就業規則を作りませんか。
就業規則作成・改定を通じて、貴社の発展のお手伝いをさせて下さい。

会社のルールブック、ハンドブックを作りませんか?

就業規則の重要性は確かにあるのですが、ただ問題もあります。
就業規則は法定の記載事項などの制約があり、社員の分かりやすいような、社長の伝えたいような内容のものを作ることには適していないのです。

就業規則 ハンドブック
文章が難しい 文章が簡単、イラストや絵柄で見やすく編集
法的な記載事項がある 社長が伝えたいことのみに限定できる
事業所に1冊 1人1冊持たせ、活用できる
目的は、作成・届出義務の履行や条件の明文化、リスク回避 目的は、望ましい行動の増加、良い職場風土の形成
主に労働条件や服務規律 理念やビジョン、職場での行動指針など多岐に利用可能
会社毎の独自性を出しにくい 会社の独自性が法的制約がなく出しやすい

どうしても、様々な事例を取り込むために文言も難しくなりがちです。
ハンドブック、ルールブックは就業規則の法的な制約に外れて、自由なレイアウトや構成で作ることが可能です。
社員の方を交えて、会社のルールを学びながら作成していく事は素晴らしいことです。
ハンドブック、ルールブックを作成することによって、会社のより良い職場風土を形成する礎となります。
当事務所は名古屋ハンドブックマイスター協会の1期生として、単なる就業規則の付属としてではないルールブック、ハンドブックの作成ノウハウを学んでいます。

就業規則を作成してみたけど、それだけでは求めている効果が出なかった・・・そう思っておられる事業主の皆様に、会社のルールブック、ハンドブックの作成を考えてみてはいかがでしょうか?

<料金体系>

月1回の訪問によりミーティング、打ち合わせを進めます。
総額で300,000円のパックとなります。 就業規則との同時作成の場合は、就業規則と合わせて400,000円の割引価格となります。
6ヶ月を目途に訪問作成のスケジュールとなりますので、月額で分割お支払が可能です。

親切、丁寧な対応を心がけております。 お問合せをお待ちしております。 TEL 0586-48-5768 9:30~17:30(土日祝祭日は除く)

PAGETOP
Copyright © 馬場社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.